キャッシングもゲーム感覚の時代

ちょっとゲーム感覚でお金を借りたいなと思っているなら、AIとビッグデータの活用によって誕生したJ.Scoreがおすすめです。通常であれば、融資を申し込む時、申し込み用紙に記入又は入力をして、本人確認書類などを提出し、そして在籍確認をして、はじめて融資が実行されます。最近の消費者金融業では、このプロセスを簡略化しており、審査が最短で30分、当日融資を可能にしていますが、それでも大抵の消費者金融では同じプロセスを辿ります。

しかしJ.Scoreは、まずメールアドレスとパスワードを入力して自分のページにアクセスし、質問に答えていくだけで、自分のスコアがわかるようになっています。レンディングと呼ばれるこの方法では、申込者の属性や収入状況、資産の状況だけではなく、趣味やお金の使い方など生活態度まで質問して、申込者に返済能力があるかどうかをAIとビッグデータが判断するようになっています。すぐに融資を受けたい人はもちろん、今は必要ないけど、将来の時のために自分がいくらお金を借りることができるか知りたいという人におすすめできるのが、このJ.Scoreなのです。

J.Scoreの利用条件とは

J.Scoreでは10万円〜1,000万円まで借り入れすることができ、年利は0.8%〜12%となっています。多くの銀行や信販、消費者金融業が18%近い年利を設定しているので、かなり低い金利だということが分かるでしょう。まずは自分がどれだけのスコアをゲットできるか質問に答えてみてください。

サイトMENU

当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします